ブログトップ

江ノ島ノラびより。

matatanino.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

聖天島の子ニャンコ、木村くん

江ノ島。

聖天島の子ニャンコ・シリーズです。

a0133227_2210165.jpg


トラの子ニャンコ。

a0133227_22105514.jpg


木村くん。

a0133227_22115189.jpg


どうして、木村くん、なのかといえば。

首輪に、

a0133227_22123481.jpg


木村

って、マジックで書いてあるから(笑)。

あ。

木村くん、じゃなくて、木村さん、かもしれない。

未確認。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-16 22:17

聖天島の子ニャンコ、きょろたん

江ノ島。

聖天島公園。

ここは、子ニャンコたちのパラダイス。

a0133227_165392.jpg


そんな、子ニャンコたちの1匹、きょろたん。

a0133227_181880.jpg


植木鉢に、ちょこりんと。

うーん、なんともキュート♪

目と耳が大きく見えるのは、やっぱり、まだ子ニャンコだからなのでしょうか。

a0133227_1151977.jpg


シッポも長くみえますねー。

みるみる育っていく子ニャンコたちを見るのは、とても楽しい。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-16 01:17

江ノ島 旧市街 三角劇場 その3 ミケの猫パンチ!

茶トラ1号と角っこミケ。

a0133227_0144264.jpg


なにやら、1号、角っこにしがみついたりして、あそんでいます。

a0133227_0155869.jpg


ミケが、その様子を、どうやら、すこし苦々しい思いで見ているようです。

a0133227_01506.jpg


そんなミケ、がまんできず、

とうとう、

猫パ~ンチ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

a0133227_0184136.jpg


「な、な、な、なんでぶつニャ~!?」(茶トラ1号)

a0133227_0231942.jpg


「シャーっ!」(角っこミケ)

a0133227_019578.jpg


「………」(茶トラ1号)

「………」(角っこミケ)

a0133227_026104.jpg


「どうしてぶつのかニャ~?」(茶トラ1号)

a0133227_0272864.jpg


茶トラ1号、ちょっとへこんでいます。

「だって、なんだかKYにゃんだもん」(角っこミケ)

a0133227_0291641.jpg


KYって、最近はもうあんまり言わないんですかね(笑)。

まあ、そう言いたげな顔でした、ミケ。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-15 00:33

パトちゃんと、じゃんぼちゃん

江ノ島で、

a0133227_164348.jpg


いちばんこころなごむもの。

それは、

a0133227_1644499.jpg


パトちゃんと、

a0133227_165871.jpg


じゃんぼちゃんの、

a0133227_1652641.jpg


ツーショット。

a0133227_1654683.jpg


ん?

いつもと位置が、逆?

a0133227_1661114.jpg


彼ら、江ノ島交番猫の2匹は、

a0133227_1664946.jpg


なんとなくいつも、

a0133227_1671044.jpg


同じ方向を、

a0133227_168419.jpg


眺めているのです。

a0133227_16124818.jpg


仲良いって、いいね。



本日は、思うところあり、すこし初心というものに立ち返ってみました(笑)。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-14 16:16

江ノ島 旧市街 三角劇場 その2

江ノ島。

旧市街。

三角空地。

a0133227_150546.jpg


くつろぐ三角空地の主ニャンコ、2匹。

角っこミケ(手前)と、茶トラ1号(向こう)。

a0133227_1513531.jpg


実は、写真には、もう1匹のニャンコが存在している。

1号の視線の先、民家のひさしのかげに、ズームイン!

a0133227_154785.jpg


いた。

いたいけなクプが、今日もかげから三角空地をうかがってる。

クプは三角空地の古参ニャンコだが、あるとき、茶トラ1号と、角っこミケがあらわれて領土侵犯。

以来、弱気なクプは、あまり三角地帯に出てこれないのです。

ところで、クプ、1号とミケがいなくなると、

a0133227_202128.jpg


なんとなくゴキゲンな感じで(尻尾がぴ~んっと立ってる)、

a0133227_204134.jpg


自由にうろうろと、

a0133227_205835.jpg


三角空地を歩き回ったりするのです。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-12 02:23

素顔のヤクザくん

江ノ島。

旧市街。

シャムのヤクザくんに、ふたたび出会った。

a0133227_233078.jpg


このまえは、こんなステキな写真が撮れてしまったゆえ、

a0133227_23595.jpg


シャムのヤクザくん。

なんて命名するだけでなく、江ノ島ヒール同盟なんて記事を書いて、江ノ島ニャンコ社会の悪役商会メンバー呼ばわりして、ゴメンね。

上の写真をよく見て。

ヤクザでコワモテ、鋭い目つきでスゴんではいるんだけれど、でも、でも、ほっぺが「ぽっ」と赤くなって、実は照れているみたいに、ちょっと見えませんか?

素顔のヤクザくんは、

a0133227_275645.jpg


おめめパッチリ。

けっこうカワイイ。

あごのあたりに水滴もついてます。

あっ。

a0133227_283366.jpg


照れて行ってしまいました。。。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-11 02:11

「ホノルル食堂」でメロウ&ハングルーズ

江ノ島が好きなわけ。

江ノ島でしか味わえない、不思議なのどかさを感じるから。

簡単に渡れるけれど、いちおうれっきとした島だから、確実に本土とは別の時間が流れている。

江ノ島のニャンコたちは、寅二郎にとって、そんな、のどかさのシンボルでもある。

そんなのどかさを、もっと存分に味わいたいので、ある日の午後、江ノ島に渡るまえから、こんな店でビールを飲みながら、お昼を食べた。

a0133227_1122387.jpg


ホノルル食堂。

134号線沿いにある。

80年代に藤沢に在住していた村上春樹さんが通っていたというので、いつか行ってみようと思っていた。

a0133227_1131540.jpg


看板の店名が異様に小さい(笑)。

村上春樹、なんて名前に惹かれてやってはきたけれど、ほんとうに地味で、素朴。

a0133227_113355.jpg


地味で素朴であること自体が、特徴であるような大衆食堂。

夏は、海の家をやるので、お店は営業していないらしい。

村上さんは、あちこちで、ここのことを書いていて、某誌の江ノ島特集では、

アジのたたきなんかとって、それをつまみに昼間から(昼間しか営業していないんだけど)ビールをちびちび飲んでいると、かなりメロウな気分になれます。

なんて、書いている。

メロウな気分。

たまんないですね。

ほかでは、

グラスにはほんのりと魚の匂いもついています。なかなかハングルーズでいいところですよ。サーファーがここでよく昼御飯を食べています。

ハングルーズ。

って、どういう意味か調べちゃいましたよ。

Hangloose

気楽に行こう、というハワイの俗語だそう。

ビールのグラスから漂う魚の匂い。

メロウ&ハングルーズ。

それ、江ノ島的、かもしれない。

a0133227_114016.jpg


イカの塩辛とビール。

03年の江ノ島取材で、この店を再訪した村上さんは、

10年ぶりぐらいにここに来てみたら、何のにおいもついていないきれいなグラスが運ばれてきました。ま、いいことなんだけどさ。

と、書いている。

いまも、別に魚の匂いはしなかった。

ま、いいことなんだけどさ。

と、つぶやいたりして(笑)。

a0133227_1141963.jpg


かき揚げ丼。

そうそう。この店、生しらすとかは、とくに置いてませんから。

a0133227_1143797.jpg


地魚てんぷら定食。

穴子、きす、いか、かぼちゃ、ししとう。

てんぷらがたっぷりで、おなかいっぱいになった。

あ。揚げものばかりだ。

昼どきをかなり過ぎていたからか、ホワイトボードのメニューは消されているものが多かったけれど、ほかに、かわはぎの煮つけ定食、お刺身定食、などがあった。

ところで、最近、お? と思ったこと。

ニャンコ漫画に『江の島ワイキキ食堂』というのがある。

えへへ。

「ワイキキ食堂」って、「ホノルル食堂」にインスパイアされたに違いない。

ハワイが夢の南国、憧れの島であった時代のノスタルジー。

けっこう酔っ払ってきたみたい。

じゅうぶんにメロウ&ハングルーズな状態になった鳥造と寅二郎は、ゆるゆると江ノ島を目指して歩いていくのでした。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-11 01:27

「カフェーマル」の心優しきクーちゃん

江ノ島。

知る人ぞ知る、アンティークなカフェ。

a0133227_156274.jpg


カフェーマル。

a0133227_157147.jpg


「カフェ」じゃなくて、「カフェー」と、「ー」がついてる。

そんな店名からしてレトロでアンティークな、趣味のよいお店。

a0133227_204756.jpg


旧市街から、ウッドデッキ方面へぶらぶら。

そんなニャンコ散歩のついでに寄ったりする。

a0133227_22518.jpg


チョコレートケーキは、バターの代わりに、ズッキーニのピュレが入っていてヘルシーなんだって。

そんなことより。

ここにも、ニャンコが。

a0133227_242729.jpg


白っぽいミケの、クーちゃん。

お店のニャンコなので、ノラじゃありません。

さて。



こっから、写真がいきなり昼になりますが ^^;

カフェーマルの庭で、クーちゃん、ごはん中。

a0133227_262699.jpg


ちびっこミケがやってきた。

a0133227_28149.jpg


「おまえも、食べたいかい?」(クー)

「にゃー♪」(ちびっこ)

a0133227_291427.jpg


ちびっこ、ごはんにありつきました。

a0133227_2102663.jpg


食べてるうちに缶が向こうにズレて行ったので、戻そうとしています(笑)。

a0133227_2112064.jpg


心優しき、クーちゃん。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-09 02:21

パトちゃんと、おさんぽ その4

江ノ島名物交番ニャンコ、パトちゃんと、おさんぽ。

a0133227_0463154.jpg


今日もトコトコついてくる。

a0133227_0465433.jpg


交番前から下道をのぼり、市民の家をとおって、

a0133227_0485626.jpg


赤い御幸橋をわたる。

a0133227_0492747.jpg


ず~とついてくるので、

a0133227_054798.jpg


結局、本日も交番前まで送りとどけるハメに。

さらに。

おさんぽ終了と思っていたら。

パトちゃん、エスカーのりばの方まで、ついてこようとする。

ちょっと困った、鳥造&寅二郎。

ほかの観光客が「あっ、猫だー!」って、パトちゃんの頭をなでている間に、まいて逃げました(笑)。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-08 01:04

参道裏のスピリチュアル・カフェ「阿慈無」

江ノ島。

青銅の鳥居をくぐり、参道を歩いていると、路地の入り口に、

a0133227_23581957.jpg


あやしげな看板が。

路地の奥まで行くと、

a0133227_23585688.jpg


ん? こっち?

曲がって、さらに行くと、

a0133227_23593317.jpg


よさそうな雰囲気の、

a0133227_00578.jpg


カフェが。

a0133227_02134.jpg


この10月にオープンしたばかりで、築40年の日本家屋を改装したんだとか。

a0133227_033457.jpg


アイスコーヒーと、スコーン。

聞けば、ここ、スピリチュアル系セラピストの先生を中心に集まった人たちが始めたカフェらしく、さくっとお茶してパトちゃんに会いにでも行こうかなーと思ってたら、「日本の神様カード」とか、ミステリーサークルのカードとかの占いグッズをすすめられ、結局1時間ちかく遊んじゃいました(笑)。

江ノ島とスピリチュアル。

相性いいかもしれない。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-08 00:30