ブログトップ

江ノ島ノラびより。

matatanino.exblog.jp

江ノ島 旧市街 三角劇場 その13

最近、ちょいと暴れん坊さんな、やんちゃニャンコ、茶トラ1号、



三角地帯をシメる古株、姉御ニャンコの、角っこミケ。

ある晴れた、平和な某日。

三角地帯に、この2匹しかいない、そんな昼過ぎのこと。

おもむろに、ミケが、1号を呼びとめた。

a0133227_135340.jpg

「ちょっと、アンタ」(角っこミケ)



a0133227_154230.jpg

「こっちへ来な」(ミケ)

「にゃ?」(茶トラ1号)



a0133227_181995.jpg

「そこへ座って、よーく聞きな」(ミケ)

「にゃう…」(1号)



a0133227_1105639.jpg

「あんたね、最近、誰彼なくケンカ売りすぎなんだよ。

相手を選びなさい、相手を。

そういう年頃なのは、もちろん、わかってる。

でもね、いちいち近所のクプまで追い回さなくていいんだよ。

坊さんみたいな大物には、いくらでもチャレンジしなさいな。

ケガしない程度にね。

でもね、味方もちゃーんと作っとかないと、あとで大やけどするんだ。

わかってんのかい?」(ミケ)



a0133227_1195957.jpg

「にゃう…」(1号)

「わかってればいいんだよ、わかってれば」(ミケ)

ミケに逆らうと、またポカポカと猫パンチされる恐れがあるので、とりあえず従っておく茶トラ1号であった。



a0133227_126845.jpg

「にゃ~んだか、いろいろ小言を言われたにゃ~」(1号)

でもまだ、なんとなく猫パンチされそうな雰囲気も感じたので、とりあえずおとなしく、定位置のブロックに退散した1号。



a0133227_128448.jpg

そして。

いつの間にやら(※人間タイムで5分くらい経過)、

ミケに小言を言われたことなど、きれいさっぱり忘れてしまった1号。

そんなに前に乗り出して、なにしてるの?

「向かいの魚屋を見てるのにゃー」(1号)
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-12-15 01:46
<< パトちゃんハウス、完成! 2009 ENOSHIMA F... >>