ブログトップ

江ノ島ノラびより。

matatanino.exblog.jp

「ホノルル食堂」でメロウ&ハングルーズ

江ノ島が好きなわけ。

江ノ島でしか味わえない、不思議なのどかさを感じるから。

簡単に渡れるけれど、いちおうれっきとした島だから、確実に本土とは別の時間が流れている。

江ノ島のニャンコたちは、寅二郎にとって、そんな、のどかさのシンボルでもある。

そんなのどかさを、もっと存分に味わいたいので、ある日の午後、江ノ島に渡るまえから、こんな店でビールを飲みながら、お昼を食べた。

a0133227_1122387.jpg


ホノルル食堂。

134号線沿いにある。

80年代に藤沢に在住していた村上春樹さんが通っていたというので、いつか行ってみようと思っていた。

a0133227_1131540.jpg


看板の店名が異様に小さい(笑)。

村上春樹、なんて名前に惹かれてやってはきたけれど、ほんとうに地味で、素朴。

a0133227_113355.jpg


地味で素朴であること自体が、特徴であるような大衆食堂。

夏は、海の家をやるので、お店は営業していないらしい。

村上さんは、あちこちで、ここのことを書いていて、某誌の江ノ島特集では、

アジのたたきなんかとって、それをつまみに昼間から(昼間しか営業していないんだけど)ビールをちびちび飲んでいると、かなりメロウな気分になれます。

なんて、書いている。

メロウな気分。

たまんないですね。

ほかでは、

グラスにはほんのりと魚の匂いもついています。なかなかハングルーズでいいところですよ。サーファーがここでよく昼御飯を食べています。

ハングルーズ。

って、どういう意味か調べちゃいましたよ。

Hangloose

気楽に行こう、というハワイの俗語だそう。

ビールのグラスから漂う魚の匂い。

メロウ&ハングルーズ。

それ、江ノ島的、かもしれない。

a0133227_114016.jpg


イカの塩辛とビール。

03年の江ノ島取材で、この店を再訪した村上さんは、

10年ぶりぐらいにここに来てみたら、何のにおいもついていないきれいなグラスが運ばれてきました。ま、いいことなんだけどさ。

と、書いている。

いまも、別に魚の匂いはしなかった。

ま、いいことなんだけどさ。

と、つぶやいたりして(笑)。

a0133227_1141963.jpg


かき揚げ丼。

そうそう。この店、生しらすとかは、とくに置いてませんから。

a0133227_1143797.jpg


地魚てんぷら定食。

穴子、きす、いか、かぼちゃ、ししとう。

てんぷらがたっぷりで、おなかいっぱいになった。

あ。揚げものばかりだ。

昼どきをかなり過ぎていたからか、ホワイトボードのメニューは消されているものが多かったけれど、ほかに、かわはぎの煮つけ定食、お刺身定食、などがあった。

ところで、最近、お? と思ったこと。

ニャンコ漫画に『江の島ワイキキ食堂』というのがある。

えへへ。

「ワイキキ食堂」って、「ホノルル食堂」にインスパイアされたに違いない。

ハワイが夢の南国、憧れの島であった時代のノスタルジー。

けっこう酔っ払ってきたみたい。

じゅうぶんにメロウ&ハングルーズな状態になった鳥造と寅二郎は、ゆるゆると江ノ島を目指して歩いていくのでした。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-11-11 01:27
<< 素顔のヤクザくん 「カフェーマル」の心優しきクーちゃん >>