ブログトップ

江ノ島ノラびより。

matatanino.exblog.jp

江ノ島の岸壁の、個性的な面々 3

江ノ島、北緑地~ウッドデッキ岸壁。

ここの猫たちが、個人的に好きになってしまった。

少々しつこいようですが、「江ノ島の岸壁の、個性的な面々 3」、いかせていただきます。

さて。

ここの主役、ダークグレ子と、茶トラ白。

a0133227_039098.jpg


向かい合って、なにしているのか。

a0133227_0394498.jpg


人間にはうかがい知れない、会話のようなものを、交わしているのだろうか。

a0133227_0402721.jpg


猫は群れを作らない。

犬のような階級社会を作らない。

だから、基本的に猫は孤独である。

といって、完全にひとりぼっち、というわけでもない。

なーんて、最近読んだ本のウケウリなんですがね。

階級社会を作れば、俺のほうがアイツより上、とか、下とか、シンプルに上下関係、主従関係が決定するわけだ。

しかし、そうでない場合、つまり、社会が関係性を決定してくれない場合、個と個の関係は当事者が決めなくてはならない。

群れや、階級社会をつくらない猫。

そうであるからこそ、彼らには、彼ら独特の友情、のようなものが存在するのでは、と妄想したりする。

その友情は、猫同士にも、猫と人間の間にも、存在する。

あいかわらず、妄想なんですがね。

a0133227_0532195.jpg


人間は、階級社会を作る。そして、上下関係に左右されない友情も、また感じることができる。

みずからの階級社会を犬に投影し、友情を猫に投影している、それが人間なのかもしれない。

あなたは犬派? それとも猫派? なんて、よく言うけれど。

なーんか、理屈っぽくなってきたので、このくらいにしておきます。

お口直しに、もう一枚、グレちゃんと茶白の、友情ツーショット写真をご覧ください。

a0133227_0553619.jpg


仲良きことは美しき哉 by 武者小路実篤

なんて、書いてみたりして(笑)。
[PR]
by matatabitorajiro | 2009-08-26 01:19
<< 江ノ島の岸壁の、個性的な面々 ... 江ノ島の岸壁の、個性的な面々 2 >>