ブログトップ

江ノ島ノラびより。

matatanino.exblog.jp

もどきつながり

江ノ島旧市街。

石段ニャンコの

もどき2号。

a0133227_37914.jpg


そして。

もどき3号。

a0133227_392615.jpg


どうして、「もどき」なんて名前なのかというと。

去年の秋ごろ、旧市街の魚屋さんあたりで、茶トラ1号と仲良さそうにしていたキジトラ白のニャンコがいた。

そのニャンコは、m*さんちのイエ猫修行中ニャンコ「にゃいさん」に似ていた。

そこで、「にゃいさんもどき」と名付けたのがはじまり。

※この記事です

元祖にゃいさんもどきは、なぜかそのあと姿を現さなかったが、似た斑の「にゃいさんもどき2号」、「にゃいさんもどき3号」が出現。

「もどき」に略されたりしながら、今にいたる、とゆうわけです。

ところで。

突然、音楽の話になるんですけど、寅二郎の好きな坂本龍一さんの曲に“M.A.Y. in the Backyard”というのがある。



この曲、ニャンコの曲なんだそうだ。

M.A.Y. in the Backyard



M.A.Y.

とは、それぞれ

M=もどき
A=あしゅら
Y=やなやつ

というニャンコの名前のイニシャル。

いまはニューヨークにお住まいの坂本さんが、かつて高円寺に住んでいたとき、お宅の裏庭でぴょんぴょん飛び跳ねたり、うろうろ徘徊したり、ぽかぽか日向ぼっこしたりしていたのが、もどき、あしゅら、やなやつ、の3匹だったそうな。

やなやつ、ってネーミングがすごいけど、注目したいのは「もどき」っていうニャンコ。

さきにいた、「あしゅら」によく似てたから、「あしゅらもどき」。略して「もどき」になったんだそう。

「にゃいさんもどき」と、おんなじですね。

この曲、メインのメロディらしきものがなく、ミニマルミュージックふうの繰り替えしパターンが積み重なっていく、ちょっと変った構成だけれど、ニャンコの曲だと思って聴くと、ちょこまか歩き回ったり、日向ぼっこしたり、飛んだり跳ねたり、獲物を狙ったり、ケンカしたり、というニャンコの生態を音で表現しているみたいに聴こえてくる。

この曲が収録されている『音楽図鑑』というアルバムは、1984年の発売。



ちょうど、鳥造と寅二郎のかつての愛猫、チャーが生まれて少し経ったころ、この曲がウチでかかっていたんだなぁ。

なつかしい。

もどきつながり、ということで記事にしてみました。
[PR]
by matatabitorajiro | 2010-02-22 02:58
<< はるよこい さんとら >>